「歯が痛い」「歯がしみる」なら早めに治しましょう

虫歯の原因は口内にいる虫歯菌です。虫歯はお口のなかで繁殖した虫歯菌が食べカスを栄養源として酸を作り出し、その酸によって歯が溶かされてしまうことで症状が進行してきます。

ある程度進行した虫歯は放置しても治ることはなく、それどころかどんどん悪くなっていく一方。「仕事が忙しいから……」「そんなに痛くはないから……」などといって歯医者に行くことを先延ばしにせず、できる限り早く治療しましょう。昭島駅近くの「ささき・歯科クリニック」にご相談ください。

虫歯はこうやって進行します

虫歯の進行は、「C0」から「C4」の5段階に分けられます。重度になればなるほど痛みや歯のダメージは大きくなり、治療には時間とお金がかかります。失った歯を取り戻すことはできませんので、早い段階での治療を心がけましょう。

C0 自覚症状がない~初期の虫歯

歯の表面のエナメル質が少しずつ溶け始めている状態ですが、この段階ならきちんとした歯磨きを徹底したり、歯質を強化するフッ素を塗布したりして再石灰化をうながすことで治る場合もあります。
» 歯の再石灰化について

C1 冷たいものがしみる~エナメル質の虫歯

まだ初期段階ですが、エナメル質がさらに溶けて黒ずんで見える状態です。ここまで進行すると自然には治りません。虫歯部分を削り取って、詰め物で補います。

C2 ズキズキと痛む~象牙質の虫歯

虫歯がエナメル質を突き破って象牙質まで進行すると、ズキズキと強く痛み出します。詰め物だけで済むこともありますし、被せ物(クラウン)が必要になることもあります。

C3 激痛が走る~神経まで達した虫歯

虫歯がさらに進行し、神経に達した状態です。何もしなくても歯がズキズキと痛みます。かなりひどい状態で、虫歯に侵された神経を抜いて洗浄・消毒する「根管治療」が必要となります。

C4 歯根に膿がたまる~重症の虫歯

歯の大部分が溶け、歯根には膿がたまります。歯根周辺にも炎症が起こり、アゴの骨が溶けて痛んだり発熱したりするケースもあります。多くの場合で抜歯をしなければならず、歯を抜いたらブリッジや入れ歯、インプラントなどの治療を行います。

ごく初期の虫歯は再石灰化で治ることもあります

術前

術後

虫歯菌が作り出した酸によって歯のカルシウムなどが溶かされてしまうのが虫歯ですが、しばらくすると、唾液の力で自然にこれを補修しようとする作用が働きます。この作用が「再石灰化」です。

唾液には酸を中和し、カルシウムなどのミネラルを再び歯に取り戻す力があります。この再石灰化をうながすことで、虫歯を予防したり、ごく初期の虫歯を治療せずに完治させられたりするのです。再石灰化を促すものには、フッ素やキシリトールがあります。

歯がしみるのは知覚過敏のサイン

歯がしみる場合、虫歯ではなく知覚過敏かもしれません。知覚過敏は、歯のエナメル質が削れて象牙質が露出してしまうことで刺激を過敏に感じてしまう症状のこと。歯ぎしりや食いしばりなどの癖、老化などが原因とされています。知覚過敏は虫歯と治療法が異なるため、正しい診断が必要です。自分で判断せず、歯科医院にご相談ください。

日々の効果的な予防についてはこちら