歯を失ったら放置せず、すぐに治療を受けましょう

早めに歯科医院で適切な治療をしてもらいましょう。

虫歯や歯周病などで歯を失った時、「見えないところだから……」と放っておかれる方もいらっしゃいますが、その判断はとても危険です。歯を失った部分の隣の歯が空いたスペースに傾いてしまったり、咬み合っていた歯が伸びて咬み合わせが乱れたりすると、口内のバランスが崩れて虫歯や歯周病のリスクが高まります。また、顎関節症や体の歪みの原因にもなりかねませんので、早めに歯科医院で適切な治療をしてもらいましょう。

歯を失った時の選択肢

歯を失ったときの治療法には、インプラント、入れ歯、ブリッジの3通りの選択肢があります。

 

インプラント


インプラント

入れ歯
(保険適用のケース)

入れ歯 (保険適用のケース)

ブリッジ


ブリッジ
治療内容 アゴの骨にチタン製の人工歯根(インプラント)を埋め込み、その上にセラミック製の人工歯をかぶせます。
» インプラント治療の流れ
失った歯の数だけ人工の義歯を作り、バネなどで隣接する歯に引っかけて装着します。
» 取り扱い入れ歯紹介
失った歯の両脇の歯を支えにして、橋(ブリッジ)のように人工歯を装着します。
費用 自由診療となるため高い 保険診療なので安い 保険適用の治療なら安い
メリット
  • 天然歯の8割程度まで咬む力を回復できるので、しっかり噛める
  • 見た目が美しい
  • 装着時の違和感がない
  • 周囲の歯を傷つけない
  • 金属アレルギーの心配がほとんどない
  • 治療が簡単
  • 治療期間が短い
  • あらゆる症例に対応できる
  • 機能性・審美性が高い自由診療の入れ歯を選ぶこともできる
  • 見た目が自然にできる
  • 違和感が少ない
  • 機能性・審美性が高い自由診療のブリッジを選ぶこともできる
デメリット
  • 外科的手術が必要になる
  • 全身疾患がある場合、アゴの骨量が不足している場合などには治療できないケースがある
  • 見た目はあまりよくない
  • 咬む力をそれほど大きく回復できない
  • 痛みや違和感が出ることがある
  • バネを引っかける歯に負担がかかる
  • 毎日の手入れが必要
  • 使っているうちに合わなくなる
  • 両脇の健康な歯を削らなければならない
  • 支えとなる両脇の歯に負担がかかり、将来的には抜かなければならなくなるリスクがある
  • 対応できない症例もある

昭島駅近くの歯医者「ささき・歯科クリニック」では、歯を失ってしまった患者様に対してインプラントおよび入れ歯での治療をご提案しています。事前に患者様とじっくりカウンセリングを行い、お口の状態やご要望に合わせて治療法を決定しておりますので、何でもお気軽にお尋ねください。

インプラント治療の流れ

インプラント治療は以下のステップで行われます。

ステップ1 ステップ2 ステップ3 ステップ4

ステップ1

虫歯・歯周病チェックなどを経て、口内の精密検査を行います。

ステップ2

検査の内容や患者様のご要望をふまえて、治療計画を立てます。

ステップ3

治療開始です。歯茎を切開してアゴの骨を露出させます。

ステップ4

ドリルで歯を失った部分のアゴの骨に穴をあけます。
ステップ5 ステップ6 ステップ7 ステップ8

ステップ5

あけた穴にインプラントを埋め込みます。

ステップ6

インプラントの頭の部分を歯茎で覆って縫合し、インプラントと骨が結合するのを待ちます。

ステップ7

インプラントと骨が結合したら、再び歯茎を切開してインプラントの頭に連結用のアパットメントを装着します。

ステップ8

傷口の治癒を待って、アバットメントに人工歯を装着します。これで完了です。
当院のインプラント治療

当院のインプラント治療01

当院のインプラント治療02

当院では精密な検査や検査データを基にしたシミュレーションを実施したうえで、治療を行います、治療に関しても知識、経験共に豊富な院長が担当いたします。昭島市におきましてもインプラントの施術件数は多いので、ご安心ください。不安なことやご不明なことがございましたら、院長までお気軽にご相談ください。

当院の一押し!痛くない入れ歯「コンフォート」

入れ歯の床部分がコンフォート

コンフォートは、床部分を生体用シリコンでカバーした入れ歯です。生体用シリコンの優れた弾力性が、噛んだときの衝撃を吸収してくれます。また、硬い物でも痛みを感じずに召し上がれますので、多くの方から食事が楽しくなったという声をいただいています。吸着力にも優れているので、痛みや外れやすさ、 噛みにくさといったことは一切ありません。

コンフォートの特徴
  • ・弾力性に優れていて噛んだときの痛みが少ない
  • ・しっかりフィットするので外れにくい
  • ・しっかりと噛める
  • ・口の粘膜と入れ歯の間に食べ物が挟まりにくくなる

取り扱い入れ歯紹介

入れ歯には、次の3種類があります。

 

レジン床義歯

レジン床義歯

金属床義歯

金属床義歯

ノンクラスプデンチャー

ノンクラスプデンチャー
内容 土台(床部分)が歯科用プラスチック(レジン)でできた入れ歯です。保険適用となります。 土台が金属製の入れ歯で、金属にはゴールド、チタン、コバルトクロムなどが使用されます。自由診療です。 固定するためのバネがないタイプの入れ歯です。歯ぐき部分はシリコン製で、自費診療となります。
メリット
  • 費用が安い
  • 製作期間が短い
  • 修理が簡単
  • 床が薄いため違和感が少ない
  • 食べ物の温度を感じやすい
  • 耐久性がある
  • 汚れが付着しにくい
  • バネがなく目立ちにくい
  • 周りの歯に負担がない
  • 歯ぐきにフィットし違和感がない
  • 弾力性・耐久性に優れる
  • 金属アレルギーのリスクがない
デメリット
  • 硬い物が咬みにくい
  • 土台に厚みがあるため、装着時に痛みや違和感が出ることがある
  • 耐久性が低い
  • 温度を感じにくい
  • 金属アレルギーのリスクがある
  • 修理が難しい
  • まったく歯がない場合には適応できない
  • 激しい温度変化に弱い
  • 変色する場合がある
  • 温度を感じにくい
価格 保険適用で安い
  • 自費診療のため高い
  • 自費診療のため高い

東京都昭島市|診療予約|ささき・歯科クリニック